風立ちぬ子供が成長失語症した。

見守る天使

が生まれた年の夏、熱い天気を抱いている彼女の私は夜眠れない.娘が生まれた前に私はかつてなかったこのはやはり.出産時は安産から生まる振り回した夜、この小僧はついには朝の時に分に生まれて、巧はあの日の陰暦の意外にも月日.私の代わりに向うのひとつ、ひとつさわやかきびきびと産婦人科私の名前は彼女朱姨.

私は無力に分娩室には、朱姨を包んで赤ちゃんを私に見て、私も見に生まれた赤ちゃんの皮膚、シワシワ、弱々しい小顔であれだけ大に利口異常、極検討人を見ていて、彼女の小顔すぐ解除した渾身の痛み.そっと抱いた彼女は、あの時は世界で一番のお母さん.

私の黙々としての娘に対しては言います:“あなたが私の体ではなく、私と共に呼吸の時、あなたの一人として独立した人はこの世の中に来て、私はあなたを一目見たとき、株の熱い涙がこみ上げてき.一種の使命感、1種の責任感を感じさせてくれた神聖.はいかなる1人の母のように、母の目の中の子供、子供の目に転換の母、私を実感した神様の継続の神聖な使命を与え.私は私の心にあなたを加護しています——私の.

娘の名前として鑫鑫は、この名前を吟味した夫で一ヶ月、明らかに彼女の夫は娘の重視.

娘が生まれてから初めての日に家に帰りましたので、安産の入院しなくてもかまわない.後の娘はとても利口で、昼間はしない、夜を起こさない満腹で寝て、一ヶ月も太ってきた斤半、私のはまるで狂喜する.おばあちゃん家から遠く、月子に来られないので、私の母は毎日私の家に走って行く.その時お母さんの家に開いて食料雑貨店、さらに世話は3歳の小さい姪、大変.一日の朝にお母さんは急いで家に来た時、路上に倒れて、足を持たせて石の上に何針縫ったので、来られない.私だけが私を配慮しても夫の世話になった店舗、毎日旦那も忙しいせいで汗をかいて、しかし彼は一番のことは、毎朝娘を抱きかかえて娘に風呂に着替え、細心のこのお母さんは私よりも強く、彼は娘の面倒を見る時に疲労を感じないで、たとえ子供夜寝ないで、彼はも一晩中の娘が幸せを抱いて、彼女がいい.

娘満月の時に、私は彼女の目は光が発見し、彼女の頭はいつも偏向が明るみたり、声の場所.主人は何日ぶりを彼女に置き換えて方向の方法.これは彼女の頭を恐れずに寝て外れた.

三ヶ月の時娘から認人になったけど、彼女は人を選んでさえあれば、人が抱いて彼女が笑っても食わない彼女が、彼女をベッドの上に置いても手が彼女を口の中に入れて自分で食べて手で遊んで、誰が見ててもこの子は本当に手間が省ける 塗る 媚薬.

半歳の時、娘と」

About 失語症

Leave a comment