長寿老人十大食趣失語症味

健康長寿はどのように食べるべきですか?長寿老人の食生活は何か食べる?摂生学者と栄養学者は大量調査で発見、長寿老人の日常の食事は十大好き.一つ、おかゆが食生活習慣から長寿老人はお粥を食べるのが好きではありません.有名な経済学者の马寅初夫人と张桂君、夫婦そろっては百歳老人二人が特に好きお粥.毎日の朝、ごじゅうグラムをミール加入250グラムの湯、醸造に分にあるおかゆ.毎日そう、ずっと途切れない.上海の百歳の老人の蘇局仙さんは、一日三食、飲んで米のかゆ、朝晩飲むおかゆを飲み、正午ちょっと稠粥、毎食定量を淺く碗、既に習慣.おかゆを飲んで体をして、体にいいですと言います.」歴代の医学の家にお粥と養生学の老人はすべて非常に崇荐.おかゆは世一にして食べ物を食べていると言う.」粥消化、吸収、胃、脾臓、清肺、潤の下.清朝の養生家曹慈山高齢者、日食粥にこだわらないが、食事にも、体が丈夫で、享の誕生日.彼は編成粥譜百種提供し、高齢者、熟年者歓迎.二、アワは老人の一番好きな栄養食品老人が一番好き,小米を最高の栄養とする.粟はアワ皮むき後の粒状穀物、従来から五穀雑穀、粟をはじめと美称.体が弱いと体をよくする.祖国の医学は、アワ益五臓、厚胃腸、充の唾液、壮骨、筋肉に.清朝は名医にして:小米は最も人を飼う人.おかゆを熬と熬油は人並みに人のスープに人並み.長命、長寿老人は米が好きな道理がある.三、真珠のトウモロコシを主食にトウモロコシ,別名とうもろこし、とうもろこし、真珠玉など、米、小麦と並ぶ世界三大作物は、世界公認の黄金の作物も、長寿の老人から離れないの主食.アメリカの医学会はセンサスをして、アメリカの先住民の住民のインディアンは1つの高血圧がなくて、動脈硬化することができません.もとはトウモロコシを食べて食べたのです.医学家の研究では、トウモロコシに大量のレシチン、亜酸、穀類、ビタミンE、血圧と動脈硬化が容易には容易ではありません.長寿老人の体質から見て、彼らは高血圧と動脈硬化が少なく、これはトウモロコシを主食として密接に関係している.四、毎日1斤のミルクミルクは長寿の老人の普遍的な習慣、特に都市に住んでいる寿老人は更にこのよう.聞くところによると、アメリカ既存25000名百歳寿老人、その80%を女性たちの食習慣は普遍的なミルク.アメリカ諺言説:ミルク骨格堅.百歳寿老人ベナン、毎日2杯飲み乳を飲んで、時には多いので、彼女は百歳の時、まだない骨粗鬆兆し.牛乳は栄養豊富で全面的な.乳の中に賴氨が高く、コレステロールが低い、炭水化物はすべて乳糖、腸で乳酸に転化し、腐敗菌を抑制する作用があります.牛乳はカルシウムが豊富で、吸収率も高い、ビタミンA、D、B 2など、これは老人に必要な、有益な.牛乳は発酵した後でチーズ,失語症、チーズを食べます.

About 失語症

Leave a comment