時代小説読んで「王妃失語症黑叶猴」感があります

E度網が無断転載特別大変

p>を読んで王妃<黑叶猴》感

王妃黑叶猴》この本を主に言った母猿タンチョウ仏と彼女の子供を頼って雲霧の群れ.しかし群れそして、サルの幼されて言って.タンチョウ仏は自分のために子供のて、恥を忍んで重責を担う、まず山を探して、群れのナンバーツー白ひげ公猿整理毛皮.その後に取り入る王妃を命がけで助けた王妃の子供.隻眼老醜血を守るために尻児の尊い犠牲に、それを自分の血で血を塗って尻の全身に、候界で、これは1種のとても明確な认亲方式、隻眼古い醜い自分の命で血の尻を救った.最後に彼女の子供と王妃子供のよくけんかして、彼女の子供が強く、常にが安い.金帯はここの猴王、彼は自分の子供がいじめられたので、タンチョウ仏ごろ寝を歩いた時、猿.まだ白いひげのおかげで公猿唇を週囲の白髪を木に戻り、彼女の群れ.また多くのトリックを設け猴王それらが、も成功しない.タンチョウ仏猴王れれて仕方がなくて、最後に苦労を経て助けて白ひげ公猿が、負けてしまった猴王.

この本は私たちに教えて、動物、人間のように、彼らの間でも発生するたくさんの面白い物語が、細かく観察を知っていることは、それぞれのの秘密.

五便宝

 時代小説;

 時代小説;  時代小説;  時代小説;  時代小説;;;;6年生:裴洋

About 失語症

Leave a comment