愛ヱヴァンゲリヲンに来たこ失語症とがある

私はあなたを最も愛したのは私の時、もう帰って行く.分離の痛みも劣らない皮膚磨骨の痛みが、しかし、私は後悔しない!だって、私は知っている、この世界でそんなに一人で、私はかつて深く愛したことがあって、そしてその人も、かつて同じ私を愛したことがある.

――題言

私は藤、海藻のようなカール、細長い指、蒼白な顔で、少しも怒らない瞳に.は1家の小さい花屋の主人.私の本当の名前を聞いて、私はすでに長い間久しぶりで、長いのは、自分でもすぐ忘れました.

私は完璧な家庭のむつまじさ、父は外で奔走して金を稼いで、母は家を切り盛りする.親はあまりいいが、互いに尊敬し合うこともあり.金持ちの家とは言えないが、でも小康之家.こんな日々がずっと続いて私が八歳.

あの父と、商売人パートナー、家庭の暮らし向きはだんだん豊か.私の家に引っ越したりっぱな別荘、どうぞ始めた使用人、数百万の名車を始めました.ただ、父の帰り回数はだんだん少なくなって.仕事をする、父は尽きない言い訳.母の笑顔が徐々に少なくなりました.

十歳の時、おじいさんが相次いで亡くなった祖父と.その後、父は更に1年半年に一回家に帰る.やっと、私は十二歳の時、ヱヴァンゲリヲン、彼らは離婚した.母は穏やかな片付けた何枚の衣類、わずかなお金で家を出る、体を清め.私と母.私は、私の父の後ろに見えるあの母子.

私は母と1つの沿海の町で別れて.ずっとお酒を飲まない母のあの夜しこたま飲んだ.彼女は涙が教えてくれた彼女と父のこと:祖父とおじいさんは抗日戦争の時期の戦友がありた命の交情.彼らの妻と子供、そして二人が指腹为婚.もし男や女同生は義兄弟を兄弟姉妹、なければ男と女、が夫婦になる.父と母から産声をあげ、両家は、親類の身分を歩いている.まさか、外で働く父親が好きになった別の女に、断固として彼女をめとります.おじいさんは死相れ、最終的には、親孝行も捨てた父女と結婚した母.

母は言う:彼女と父の1分1秒も強奪してきたので、彼女はとても大切にして.彼女は彼と父はいずれ別れ.しかし、失語症、彼女は後悔しない!父と過ごして10年の光景に、彼女はもう満足しました.彼女は彼のお金がないので、彼女が彼女の誇りとプライド.

あの時の僕には分からない母は口の中の愛とは一体何か?誇りとプライドは何ですか?私だけ知っていて、母が私だけ.

母は自分の嫁入り道具を、町で生計を立てている小さな花屋を開いた.私たちは父ともまたもありました.なかった父の母親の顔のない笑顔、体もだんだん下手になって.彼女はよくなでて私達の家の唯一の1枚の家族の写真.私は知っていて、彼女の父を懐かしみ.

年、19歳、高校の卒業.母が病気になった.医者は私に教えて、がん、末期.母の子

About 失語症

Leave a comment