家の失語症小さな留学生

は6年前、息子を送っオーストラリアに行って、今まで、私たち夫婦はずっと懸垂の心が落ち着いて.

息子幼名毛毛、干支でねずみ年にはこの幼名を取って、猫にも、猫は鼠関係、中国語には反訓訓詁学.

モモは高校二年のオーストラリア読んで、彼はその年17歳ではなく、アイエルツの成績.彼は先進的な学校で、更に12年生、後に西オーストラリア大学.今では彼はもう卒業した、会計や金融の専門を学んで、仕事を見つけた、彼はそこに殘すつもりないで帰ってきた.

モモオーストラリア留学申請は、2002年に、私たちが準備し期限が6ヶ月に一度、拒絶されてから、半年やっと出発を遅らせた.

それを数年、小さな留学生現象はまだこんなに人気がここ数年、多くの人は私達の選択を理解しないと、見られなくても、どんな話を言っても、私たちはとても悲壮な感じ、またとてもしようがない.単毎年にモモ20万元の多くは、5年になって、少なくとも100万元、どんなに大きな負担ですね!私たちは当時蓄積30万元で、二人の年収を合わせても20万元、飲まず食わず1分は全息子に.そして、この中間はとんだ邪魔がはいった誰が知っていますか?たとえ全ては顺調で、卒業後はどうですか?それに、モモ天性やんちゃは言うことを聞かない、は寛大に燈!

だから、最初に拒絶された後、私たちと.赤ん坊が泣いて、泣いてとても悲しみ.もとは、彼はクラスで教師にとっくに言った彼のこと、最後に歩いた人れて笑う.先生、どうして約束を違えてわかって、快諾を言わないのは、まだではないので、毛毛成績で大学入試に参加しなければならない人などは、学校の進学率の足を引っ張って、先生は彼の考えを切望行くよ.

あの時代、新聞が報道に小さな留学生海外の経験は、大多数は負のを見て、人に胸が詰まる.ある人はこれらの報道を持って私達に見る、おそらく我々の知らないような.実は、私たちは当事者が誰よりも関心を持ってきて、まだ何見て?あの人はこのようにして、そういえばはあなたに関心を持ってますよ、あなたは人を喜ぶことができ、見たくないこんにちは.あなたは言うことができました.

いくつかの専門家の者を突いている肩書きも相次いで文章を書いたり、テレビのトーク番組、小留学生現象発表評論.彼らの意見を要約するにほかならない未成年の子供を海外に送って本を読んで、リスクが大きすぎる問題を考えない、慎重に、子供にはあまりにもマイナスになった.彼らは話も容赦がないが、小さな留学生の中ではほとんど子供が国内で学校の業績で、多くの学生は問題になると、見知らぬ国で、新たな学習環境は、彼らが身の欠陥は全を暴露した.そもそも、彼らの観点はこれらの子供に歩んできたという危険、どんなにばからしいの道.

About 失語症

Leave a comment