失語症羊蹄山天国

一人を探しに行って、それからやっと見つけたあらゆる困難.彼は大喜びで立って天国の入り口の大歓声:“私は天国に来てた!」

天国の番人が歩いてきて、たいへんいぶかって聞きます:“ここはパラダイス?」

歓呼すぐ馬鹿者:“あなたはもしかしてここが天国か」

番人は茫然とした知っていない.

そして番人質問、どこから来たの?

地獄!

番人は茫然として.

歓声者感慨深く嘆ずる:道理で君の知らない天国かは、もともとあなたは地獄に行ったことがない!

悟り:天国は地獄の究極の、地獄は天国の廊下.不地獄、いつ天国;経験しない、どこを経験しない知っていて、醜い、いつ……

About 失語症

Leave a comment