失語症の種類について

失語症とは、大脳の言語中枢が何らかの損傷されることによって、言語を操る能力に障害を起こる状態といいます。失語症は主な原因が、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、事故による頭部外傷、脳腫瘍などです。
失語症には様々な分類がなされています。現在,一般的な分類は病巣や症状から,運動性失語,感覚性失語,混合性失語,その他の失語に分けるものです。
・運動性失語:聴理解より言語表出が障害される
左大脳半球の下前頭回後部(ブローカ領野)周辺の損傷に関連深いことから「ブローカ失語」とも呼ばれます。媚薬発話量が少なく非流暢、自発話、呼称、復唱、音読、書字の表出面が強く障害され、それに比べて話し言葉の理解、読みの面は比較的保たれています。構音の誤りが見られ、プロソディ(話し言葉の抑揚、強弱、リズム)が障害されています。喚語困難、復唱障害、音韻性錯誤、錯語、語想起障害もみられます。病巣は、ブローカ領域に加え、中心前回下部が必須です。多くの場合、顔面に強い右片麻痺を伴います。
・感覚性失語:言語表出より聴理解が障害される
発話は流暢、一般になめらかな発話の割りに内容には乏しく、言葉の聴覚的理解面が著しく障害されるのが特徴です。発話では言い間違い(錯語)が多く出現し、意味不明な新造語(ジャーゴン)もみられます。急性期ではしばしば多弁であり、障害の自覚に乏しいことが多いです。病巣は狭義のウェルニッケ野を含む後方領域であることが多いです。病巣がウェルニッケ野に限局することはまれであり側頭葉中下部や頭頂葉などの周辺領域に広がっている場合が多いです。レビトラ通常は運動麻痺は合併しません。よく認められる症状は聴覚理解障害、復唱障害、錯語、ジャーゴン、語想起障害などです。
・混合性失語:言語表出も超理解も障害される
全失語の様相ながら、復唱は保たれているものです。しかし復唱は意味理解を伴わません。ことわざなどの始め一文字を与えるとその続きを自動的に言う(補完現象)などもみられます。言語野を取り囲むように損傷されることから「言語野孤立症候群」とも呼ばれます。

シアリス>シアリスの有効成分は『タダラフィル』です。タダラフィルの効果によって、陰茎内に一時的に血液の流入が増すため、勃起を促すことが出来るのです。シアリスのことを”新しいED治療薬”と呼ぶクリニックも多く存在します。
レビトラ>レビトラの効果時間は、5時間~10時間といわれています。レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。