失語症とは何ですか?失語症の分類と症状を探しましょう

失語症とは脳卒中や脳腫瘍、事故による頭部への外傷などで、脳の言語中枢が損傷することで起こります。話すことが困難になるだけでなく、話す、聞く、読む、書くという言葉を操ること全般が難しくなります。失語症の人との会話のコツ・ゆっくり、表情を見て話す・短く、わかりやすい言葉で話す・繰り返して言う・話題を急に変えない・「はい」「いいえ」で答えられる質問をする・漢字で要点を書きながら話す・カレンダー、地図、写真などを使いながら話します。

さって、失語症の分類と症状について、説明します。大多数の人は、大脳の言語中枢が左脳の前頭葉から側頭葉にかけて存在します。言語中枢のなかで、出血や梗塞などの脳血管疾患、外傷や腫瘍によって、前頭葉のブローカ領野が障害されると、発話量の減少、文法の誤り、復唱の障害など、おもにことばの表出面に強い障害がおこります(運動失語)。一方、側頭葉のウェルニッケ領野が障害されると、発話量は増えますが意味不明だったり、一貫しない音の誤りが多発し、ことばの音や意味に関する理解面の障害が強くおこります(感覚失語)。これら2つの代表的な失語症状のほかに、両者が合併する重度の失語(全失語)から、言おうとすることばが思うように出てこない(健忘失語)軽いものまで、ことばの表現と理解に関するいろいろな症状が現われます。

認知症や意識障害と異なり、自分をとりまく状況や対人関係についての認識はほぼ正常にはたらくのに、ことばによる意志の疎通が著しく障害された状況に対する、本人の心理的な苦痛をよく理解してあげることが必要です。

媚薬>媚薬とは、性的興奮を高める目的でしようされる薬のことです。「惚れ薬」とも呼ばれます。服用することで精力が高まったり、異性への興味関心が高まるなどの効果が得られます。

バイアクラ>バイアクラの効果が出るには、正しく飲まなければいけません。全然効かなかったという人の8割は飲み方に失敗しています。正しく飲めば、一時間くらいで硬くならない人や直ぐに萎えてしまう人のペニスが、驚くほど硬くなり、そのバイアクラの効果は5~6時間持続します。