もう1回登板野失語症友美って

もう1回登っての物語

昔人が、従来は偽善、総を気どっている最も慈悲の善人.ある日、彼は1匹のスッポンを捉えて、心と肉を煮たスープを飲んで、体が、はいやが殺生の悪名.彼は手を後ろに回った数圏、思いついたの法子.彼が先に猛火を鍋の中の湯が沸き上がって、そして水面の上で横におく細い竹の棒を橋.彼はスッポン話していい条件:あなたに登ったことができればこの竹の橋で、私はあなたを戻す川.スッポンの彼を知るために心がけ、命が、やはり吐いて高温、しんどい力、きわめて勉強く登りました過去.この人は素晴らしい!あなたは本当に能力がある.あなたを見て狼牛?引きずって罂叢蛹冀へつらう穴吒あぶる懇嘘?蛑筆で回復する忠帳先払い砥石分水堤N 1瓜甲胄郎止まりますか?門番倥酪交換匙さん?、

再這って回の意味

そんな悪いことをしても自分をだましてオシャレは言葉巧みに、被害者の人、特に警戒のため、彼はいくつかの杖の悪人より火をもっともっと陰険悪辣.

もう1回の原文を登る

昔人がスッポン①して調理して食べるのが、不忍殺生の名②.お前炽火釜水を百沸いて、横篠を橋③、スッポン約曰:「これは生き汝渡.スッポンの主人は計を登って、踊躍沙④、のみ1渡.主人にいわく、汝能渡橋、さらには善!もっと私渡⑤され、私欲観の.

――『?史』

もう1回登ってのコメント

①スッポン(びē)――形象亀、背甲にカン皮.ともいうスッポンやスッポン.通称スッポン.

②不忍――ここは嫌な意味.昔、殺生を殺す家畜、家禽など生物.

③篠(しはo)――細い竹.

④もともと登り沙――横行、ここ、スッポン行.

もっと──⑤.

About 失語症

Leave a comment