どうして一部の失語症次郎物語華人がマンデラ

マンデラ逝世は、全世界の文明人たちが哀悼、ただいくつかの華人分析や暴言、嘲笑.人々はそうやって、彼らの理由:第一に、マンデラ殺しは、かつての列のテロリスト;第二、南アフリカの民主制度を健全今ない;第三、南アフリカの経済搞下手.

こんなに3時に理由をここに置いては、人々は確かに十分な解体マンデラの環.

最も目立つの文章では、海外の華人の作家曹长青の雄文:《マンデラは決して英雄.一見、曹さん陳列マンデラの四大遺産、第一個の遺産:経済めちゃくちゃ.第2の遺産:社会治安悪化、エイズや強姦率が世界一.第三の遺産白黒和解はただ表象.第四の遺産:南アフリカに支持の独裁者の大本営.

明らかに、曹さんってのは遺産は、マンデラの四の大罪.曹さんの文章が新規導入、華人の枠の中でそれは次々と採し、特に中国での内部に、いくつかの熱血を普段民主と経済の自由な人に出会った、まるで突然知音、あえて彼らを曹长青と今の代弁者 女性用サプリ.

数年前に、私は知っています曹长青さんは誰が誰の牛強いる.罵倒人物の印象の中で、彼は怒ったこと北島、彼と詩はとてもぼろぼろになって、ノーベル賞の委員会、人生の入賞を目的.怒ったこと桑兰、彼女は詐欺師.怒ったこと劉吃る、彼を体制に私は敵とは、純粋に積まれて、ふさわしくない爆薬賞をもらって.いないかだけ曹さん罵これらの縁人、実はある組織罵から、更に歯噛み、じれったい人墓掘り.曹さんと故郷に戻るなら遊走に一度、恐れたのは取れないのビザ.今マンデラ亡くなって、曹さんはもちろん開怒らない、さもなくば彼の視野を示す高齢である.考えてみると、華人の輪に曹さんと同時にが表彰台に立ってののしるの手、おそらくは台灣の李敖.でも曹长青李敖は上品に比べ、おそらく派、2位につけたざるを得ない.

曹长青さんはともかく、見て我々秦晖先生の文章《虹の啓示.

2008年その騒ぎの中で最も不快悲しいのは外国人労働者:今日南アフリカに暴行の暴徒たちの基本はすべて本国黒人貧民、アパルトヘイト彼らで待つしかない城の索韦托、白人のヨハネスブルグ定住の彼らはしてはいけない.15年前、民主化の勝利を取得した彼らだけに追放されない権利を、今彼らは自分より弱いの外国籍の黒人の労働者.今回の騒ぎになっヨハネスブルグ市中心のアレクサンダー地区では、何十年も前からあった南アフリカ本国黒人貧民の「違法建築は白人当局破壊による人を驚かせた大事件.言い換えれば、あれらの今野蛮に駆逐他人の人も、当時自分こそが白人駆逐>

About 失語症

Leave a comment