ある愛、失語症からは驚き

ある年アメリカ回香港度から夏休みの飛行機の隣に座っ私と同年輩の男の子.

飛行機遇上の途中、突然気流下一、機体転んで転んで、それから揺れて定まらない.私はもともとは寝ように死んだ豚のようですが、あの男の子に緊張してたのは私の手を掴んだ、私は急に目が覚めて.

僕を見て彼の顔が歪んだ、手の甲を撮って慰めて:心配しないで、気流だけ、ちょっと大丈夫.たぶん数十秒、彼が知っている飛行機はすでに回復が安定して、やっと手を離し、そしてしきりに私に謝っても、彼の目は私に優しさ溢れる苦笑いしてさっき何、私最後に会う人、はあなたからの.あの一刹、なんだかとてもロマンチックで、ほとんど彼の懐に入れたい、彼に聞いたことができない私が男.

でも、専門家は殺風景な何度も私たちに厳し:発生『タイタニック号」やスピードでのこの類同冒険、共通難しい式の愛情、精精錯覚.人が、スリリングな情況の下で、ときめき、筋肉が引き締まって、アドレナリンが上昇し、これらの激動の情緒は人を愛しとたいして違わない.もしこの時に異性と接触を投影し、この感情を相手に、それは愛.

About 失語症

Leave a comment